NEWS

2012
12.07

山小屋のクリスマス 〜小さな絵とアートマーケット〜

20121207-christmas_image.jpg
山小屋のクリスマス 〜小さな絵とアートマーケット〜
12/8 (Sat)〜12/23 (Sun) 13:00-19:00


(※初日の12/8のみ15:00〜  定休日 Mon & Tue)
12/15、12/22の二日間(16:30-19:00 )は山小屋のホットワインタイム。
ぜひ気軽におこしください。


お部屋のどこかに好きな作品を置くと、ーたとえ小さいものでもー、
いつもの風景や空気感が変わります。

それは、作品に秘められたエネルギーのおかげ。

今回は、山小屋の壁一面に小さな絵を飾って、そんな作品のエネルギーで
満たしてみようと思います。
クリスマスの生まれ故郷ヨーロッパの、不思議な山小屋みたいになったら楽しい!

アートグッズやオリジナル・アイテムの小さなマーケットも同時開催中。
一点もののガラスのオブジェや手のひらサイズの絵本、
鉛筆画がプリントされたバッグ、陶器のアクセサリー、
こだわりのペーパーアイテムなど、
山小屋セレクションのアイテムを販売します。

誰かのために、自分のために贈りたくなる小さな絵とアートマーケット。
― だって、クリスマスですから。
冬の山小屋で、ホットワインで乾杯しましょう。


出展作家
河井いづみ (絵画)
鈴木光雄 (写真)
アカサカヒロコ (版画)
mochi mochi (シルクスクリーン、雑貨)
ムートンチャック (切り絵、雑貨)
高野美緒子 (平面)
Prelibri (LITTLE BOOK LABEL)
伊藤満 (陶器のオブジェ、アクセサリー)
四方木綿子(ガラス)
AURA(帽子)
Porto Pompone (洋服)
Kei&hijk(絵本)
岡村志満子(絵本)
COT by grass roots operation(アクセサリー)

2012
10.21

LUMINE MEETS ART に「山小屋」をつくります

20121021-lumine_img_02.jpg


LUMINE MEETS ARTに
期間限定のアートショップ「山小屋」をつくります


LUMINE MEETS ART " My First ART" 山小屋
期間:2012年10月22日(月)〜10月31日(水)
会場:LUMINE 池袋店 7F
時間:11:00〜21:00

今年で3回目を迎える「LUMINE MEETS ART」。
「MY First ART」をコンセプトに、様々なアーティストやギャラリーが
作品を次々に展示・販売していく企画です。
◆ルミネサイト
http://www.lumine.ne.jp/
◆LUMINE MEETS ART "My First ART" サイト
http://magazine.lumine.ne.jp/?p=4018

**************************
毎日のくらしに、もっとアートを。
見るだけの楽しみに、飾る楽しみをプラスする。
おうちのリビングに、マイルームに。お気に入りを選ぼう。
そして、手に入れよう。
「アートを買う」というはじめての経験は、
きっと、あなたの何かを変えていくはずだから。
(LUMINE MEETS ART "My First ART" サイトより抜粋)
**************************

この企画に、gallery and shop「山小屋」が出店することになりました。
「山小屋」を運営するMOVE Art Managementが
この10年あまりで出会ってきたクリエイターを軸に、
版画や絵画などのアート作品や、作家こだわりのオリジナルアイテム
(陶器、洋服、生活雑貨)をキュレーション。
ジャンルを超えた、山小屋ワールドを展開します!

ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。

20121021-yamagoya_02_s.jpg
参加作家:
田中啓一(陶器) 伊藤満(陶器) しょうぶ学園(木の器)
沖倉製材所(木の器) mocchi mocchi(シルクスクリーンアイテム/zine)
河井いづみ(絵画) アカサカヒロコ(銅版画)
Prelibri(LITTLE BOOK LABEL) 岡村志満子(ビジュアルブック)
Porto Ponpone(洋服) AURA(帽子)
COT by grass roots operation(アクセサリー)、他

期間中、様子をFacebookにアップしますのでこちらもチェック!
http://www.facebook.com/MOVE.Art.Management

2012
08.17

森の食卓展 〜白い器と木の器〜

20120817-mori_image.jpg

ふところ深い森によって育てられたフカフカの土や、大きな木、そして香り高い果実。
そこから生まれた器、ジャムがやってきて、小さな「森の食卓」になりました。
期間中は、山小屋の中に木の絨毯と森の香りが広がっています。

-----------------------------------------------------
2012年8月22日(水) ― 9月9日(日)※月・火曜日はお休み 
OPEN 13:00〜19:00 (CLOSE Mon&Tue)
----------------------------------------------------

出品作家
白い器:田中啓一、伊藤満
木の器:工房しょうぶ 、沖倉製材所
ジャム:フルタヨウコ

田中啓一: Keiichi Tanaka
20120817-2 (640x445).jpg
2003 武蔵野美術大学 造形学部 工芸工業デザイン学科卒業
2005 武蔵野美術大学 造形学部 工芸工業デザイン学科陶磁研究室 助手
2009 渡仏、パリにて制作活動
2010 帰国、千葉にて築窯個展
グループ展歴多数
受賞歴:朝日現代クラフト展入選 (06、07、08))、テーブルウェアフェスティバル (07)、国際陶磁フェスティバル (08)、クロアチア国際陶磁器店 新人芸術家書受賞(09)



伊藤満: Mitsuru Ito
20120817-ito3 (640x480).jpg
1997年多摩美術大学卒業、横浜市内の陶工房に従事。2004年玉川高島屋にて「三人展」。2004〜05年イタリア中部の町デルータにて作陶。帰国後、都内に工房を構える。古い白壁のような風合いと、シンプルな形の日常のうつわを中心に制作。最近ではカラフルな鉢やマグも仲間入り。そのほか花器やオブジェなども手がける。


工房しょうぶ
20120817-shobu_02 (256x256).jpg
鹿児島市の近郊、吉野大地の豊かな環境に知的障害のある人たちの施設「しょうぶ学園」があります。その中にある工房しょうぶでは、障害を持つ人たちの感性あふれる創作姿勢に魅せられ、工芸・芸術・音楽を中心に創造的な活動を行っています。また、食の工房などの活動を通して地域との繋がりを深めています。工房を利用する人だけでなく、サポートに携わるスタッフも表現者という同じ立場でコラボレーションを重ねながら、障害者施設という小さな単位ではなく社会に枠を広げ「与えられる」側から「創り出す」側に立つことを目指しています。


有限会社 沖倉製材所
20120817-okikuraseizaisho (640x424).jpg
あきる野市伊奈を拠点とし、地元の山の木を製材する工場として昭和25年に創業。地域の材を活かし、地域の人を雇用し、木の家づくりのための構造材や内装材をはじめ、家具や木工製品を製造しています。高性能な乾燥機械を取り入れるとともに、昔ながらの職人の技も大切に継承しています。地元の森の再生をめざし、多摩産のスギ・ヒノキを暮らしに取り入れる「Small Wood Tokyo」シリーズを合同会社++(たすたす)と共同開発中。
http://www.okikura.co.jp  http://www.smallwood.jp/
http://tassetasse.jp/


フルタヨウコ
20120817-furuta yoko jam (478x640).jpg
料理人・編集者
デザイン関係のカメラマンや編集に携わりながら、ケータリングやイベントへの出店、オリジナルジャム製作、レシピ提案、コミュニティカフェの洗足カフェ(目黒区 木曜日)・クラウドカフェ(立川市 月・火曜日)の料理などを担当している。


----------------------------------------------------

gallery and shop 山小屋
住所・東京都渋谷区 恵比寿 1-7-6 陸中ビル 1F (JR恵比寿駅西口2分)
T E L・080-4144-7256

2011
03.02

"san san to" Exhibition

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
燦々と 佐藤暢晃・宮下利津子二人展
〜加計呂麻島から届いた、絵と織りの展覧会〜

3/3(木)〜3/13(日)@ギャラリーみずのそら/西荻窪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宮下利津子さんの織物と出会ったのは、2年前の10月。
忙しい東京から逃亡して、奄美大島の南に浮かぶ加計呂麻島で
日がなのんびりしていた時のこと。
ふと訪れた利津子さんのアトリエの家の隅に並んだ色とりどりの糸の美しさに
一瞬で魅せられました。

20110302-sansanto_01.jpg

添付写真のストールは、貴重な山形の日本茜で糸を染め、
作家が丁寧に織ったシルクのストールです。
とても美しく、羽織るだけでふんわり幸せな気分になります。
今回の企画は、このストールと加計呂麻島で出会って感動したことから始まり、
西荻窪にある一軒家のギャラリーみずのそらで展示させて頂く運びとなりました。

織りの作家、宮下利津子さんと絵の作家、佐藤暢晃さんの二人展。

水のお庭とCAFEもある、とても素敵なギャラリーです。
利津子さんと暢晃さんも、加計呂麻島から来ています。
奄美の島唄とお話しを聞ける日もありますので、
ぜひ、のんびりしに来てくださいね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
燦燦と sun sun to
佐藤暢晃 宮下利津子 二人展
〜加計呂麻島から届いた、絵と織りの展覧会〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奄美大島の南に浮かぶ小さな島、加計呂麻島。
美しい海をたたえるこの島で、太陽をいっぱいに浴びて、
祈るようにゆっくりと生まれる
二人の作品に会いにいらしてください。

20110302-sansanto.jpg


宮下利津子:糸紡ぎ、草木染め、織り。
佐藤暢晃:水彩画。

日時:3月3日(木)〜3月13日(日)
12時〜19時(最終日は17時まで)

※5日(土)16時まで / 7日(月)8日(火)休み 
※初日はサントゥールの演奏があります
※6日(日)は「春 燦々。奄美茶話会」があります

場所:ギャラリー みずのそら
〒167-0042東京都杉並区西荻北 5-25-2 
tel・fax 03-3990-7590
http://www.mizunosora.com


※初日3月3日(木)の18時頃から19時まで、サントゥールというイランの楽器を、
イラン人の作曲家ルーズベーさんが、奄美・加計呂麻島をイメージして演奏してくださいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<燦々と。展示の特別企画>

「春 燦々。奄美茶話会」 @みずのそら
3月6日(日) 14:00〜16:00 

”爽やかな月桃の香り、蓬の新芽のほろ苦さ、太陽の黒さとう。
島の春を味わいながら聴く島唄。光溢れる奄美・加計呂麻よもやま話。
みずのそらが奄美になります。”

会費 2,000円(奄美のお茶と黒糖、よもぎ餅付)
島唄と島のお話

島唄: 新田雅洋、脇田真由美 
お話: 佐藤夫妻&田町まさよ

●ご予約は、みずのそらに、メールでお申込み下さい。
gallery@mizunosora.com

2010
07.12

Exhibition "Midnight Garden" in Paris!

夜の庭 / Midnight Garden / Jardin de minuit
〜パリで日本人9人によるグループ展を開催します〜

MOVEが企画で関わっている展覧会のご案内です。
7月21日からいよいよ始まります!

「夜の庭 -Midnight Garden-」というテーマの下に、9人の日本人アーティストが平面および立体作品を出品します。「夜」は、人間が原初から持つ非言語的で直感的な感性を象徴し、「庭」は対話の場を表しています。
参加する9人は、カンヌ映画祭に招待された実績を持つアニメーション作家の辻直之、世界のコレクターから注目が集まる彫刻家の保井智貴、現在「リヴォリ59」に所属している画家の小林悦子、新人の藤田美希子、障害を抱えながらアーティストとして活動している大島智美などとても多様です。
こうした異なる背景を持つアーティストの作品を同じ場所で展示することを通じ、人間にとって表現することとはどのようなことなのかといった根源的な問いを投げかけます。
展覧会の会場は、かつてアーティストが不法占拠し、現在はパリ市に認められて広く人々から注目の集まるパリ市営ギャラリー「59 RIVOLI − AFTERSQUAT」が舞台です。

▶「夜の庭-Midnight Garden」特設サイトへ

開催場所 : 59 RIVOLI − AFTERSQUAT ギャラリー
住  所 : 59 Rue de Rivoli, 75001 Paris (Metro: Chatelet)
会  期 : 7月21日(水)−8月1日(日)1pm-8pm(土曜のみ11am-8pm、月曜日クローズ)
オープニングパーティー : 7月21日(水)7pm-10pm

出品アーティスト:藤田美希子/大島智美(nui project)/辻直之/保井智貴/小林悦子/スズキアサコ/青木美歌/松井雄一郎/大西里江子

主催:夜の庭実行委員会(新谷佐知子/新谷敦子/斎藤しおり)
協力 : La Galerie 59– AFTERSQUAT MOVE Art Management
協賛 : MOVE Art Management 海を渡るアート
Special thanks : 有吉徹 / Yumi Poirot / 棟由佳 / しょうぶ学園/ éStphane Leroux / HiroeEndo
Art direction : Chikako OGUMA
Web design : ON Co.,ltd.

« 1 2»