NEWS

2011
03.02

"san san to" Exhibition

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
燦々と 佐藤暢晃・宮下利津子二人展
〜加計呂麻島から届いた、絵と織りの展覧会〜

3/3(木)〜3/13(日)@ギャラリーみずのそら/西荻窪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宮下利津子さんの織物と出会ったのは、2年前の10月。
忙しい東京から逃亡して、奄美大島の南に浮かぶ加計呂麻島で
日がなのんびりしていた時のこと。
ふと訪れた利津子さんのアトリエの家の隅に並んだ色とりどりの糸の美しさに
一瞬で魅せられました。

20110302-sansanto_01.jpg

添付写真のストールは、貴重な山形の日本茜で糸を染め、
作家が丁寧に織ったシルクのストールです。
とても美しく、羽織るだけでふんわり幸せな気分になります。
今回の企画は、このストールと加計呂麻島で出会って感動したことから始まり、
西荻窪にある一軒家のギャラリーみずのそらで展示させて頂く運びとなりました。

織りの作家、宮下利津子さんと絵の作家、佐藤暢晃さんの二人展。

水のお庭とCAFEもある、とても素敵なギャラリーです。
利津子さんと暢晃さんも、加計呂麻島から来ています。
奄美の島唄とお話しを聞ける日もありますので、
ぜひ、のんびりしに来てくださいね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
燦燦と sun sun to
佐藤暢晃 宮下利津子 二人展
〜加計呂麻島から届いた、絵と織りの展覧会〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奄美大島の南に浮かぶ小さな島、加計呂麻島。
美しい海をたたえるこの島で、太陽をいっぱいに浴びて、
祈るようにゆっくりと生まれる
二人の作品に会いにいらしてください。

20110302-sansanto.jpg


宮下利津子:糸紡ぎ、草木染め、織り。
佐藤暢晃:水彩画。

日時:3月3日(木)〜3月13日(日)
12時〜19時(最終日は17時まで)

※5日(土)16時まで / 7日(月)8日(火)休み 
※初日はサントゥールの演奏があります
※6日(日)は「春 燦々。奄美茶話会」があります

場所:ギャラリー みずのそら
〒167-0042東京都杉並区西荻北 5-25-2 
tel・fax 03-3990-7590
http://www.mizunosora.com


※初日3月3日(木)の18時頃から19時まで、サントゥールというイランの楽器を、
イラン人の作曲家ルーズベーさんが、奄美・加計呂麻島をイメージして演奏してくださいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<燦々と。展示の特別企画>

「春 燦々。奄美茶話会」 @みずのそら
3月6日(日) 14:00〜16:00 

”爽やかな月桃の香り、蓬の新芽のほろ苦さ、太陽の黒さとう。
島の春を味わいながら聴く島唄。光溢れる奄美・加計呂麻よもやま話。
みずのそらが奄美になります。”

会費 2,000円(奄美のお茶と黒糖、よもぎ餅付)
島唄と島のお話

島唄: 新田雅洋、脇田真由美 
お話: 佐藤夫妻&田町まさよ

●ご予約は、みずのそらに、メールでお申込み下さい。
gallery@mizunosora.com

« 1»