NEWS

2013.10.18

小池アミイゴさんのインタビュー「創造源流」UP!

今回の恵比寿文化祭のイラストを描いてくださった小池アミイゴさんを
インタビューしました!
前回の中野豪雄さんに続いて、久しぶりの創造源流の復活です。

アミイゴさんには、山小屋での「T ART」や名刺サービスのDesign Stockでも
とてもお世話になっています。
今回はアミイゴさんという人を改めて知ってみたいと、企画しました

20131015-amigo_uchiawase.jpg

文化祭の打ち合わせ風景。左からアートディレクターの小熊千佳子さん、編集・ライターの川内イオさん、そして小池アミイゴさん。

イラストレーターになっても、いつもどこかイライラしていたアミイゴさん。その日々の中で、ふと子ども達の絵を見て得た、「これだ!」という感覚。そこには、彼の言葉でいう「確信力」があった。。。
「絵心をぶっこわせ」というイラストレーター、小池アミイゴさんのクリエイションの源流に迫ります。

創造源流〜「つくる人」の原動力〜 http://www.move-move.com/new/interview.php

ライター:坂口直 
編集:川内イオ
企画:MOVE Art Management

2013.10.07

恵比寿のカルチャーがずらりとパレード「恵比寿文化祭2013」

null


今年で3回目となる「恵比寿文化祭2013」。
アート、音楽、ダンス、ファッション、映像など様々な分野で、恵比寿を拠点に活動する人たちが、そのパフォーマンスを思いっきり披露します。
今年のテーマは、なぜかパレード! モンスターに変身したり、手作りの楽器を鳴らしながら、わいわい、ぞろぞろ、ずんちゃか、パレードしちゃおう!

アーティストによるワークショップ、クリエイターたちの作品を販売するマーケット(「YEBISU ART MARKET」)、恵比寿界隈アートめぐり、恵比寿で活動する人たちによる音楽祭、未来のクリエイターたちによるファッションショー(「恵比寿コレクション」)、テント型シアターでのアニメーション上映(「太陽と星空のシアター」)など、盛りだくさん!今年も、サプライズ企画のフラッシュモブもやってきます!

Visual & Interview 
MOVEは、コンテンツ企画と共に、パンフレットやポスターなどのビジュアル制作・編集、コピーライティングなどを担当しました。
今年のメインビジュアルはイラストレーターの小池アミイゴさんによる賑やかな街の人々のパレード。なんと、すべて本当に恵比寿の街を歩いている人をスケッチして描きおこしたそう。そんなアミイゴさんのインタビュー記事「創造源流 〜絵心をぶっこわせ〜(前半)」も、あわせてアップしましたので、ぜひご覧ください!
http://www.move-move.com/new/interview.php

null
null
打ち合わせ風景と送られてきた原画

Exhibition & Workshop 
MOVEのコンテンツとしては、和田文緒さんによるアロマワークショップと(「秋のルームスプレーづくり」10/12 16:00〜)、
そして、山小屋「香りの温室」が文化祭バーションにパワーアップして登場します(10/12〜14 11:00〜@恵比寿ガーデンプレイスタワー38Fギャラリー)。

null

精油の森の奥に静かに佇む「香りの温室」の中には、今回の文化祭のために特別に作られた恵比寿をテーマにした香りも。東京の街が一望できる広いギャラリーならではのインスタレーション作品をお楽しみください。同じ展示室では、今話題の一ツ山チエさんによる作品「天空のえびすさん」もご覧いただけます。

というわけで、恵比寿のカルチャーがずらりとパレードする3日間!
賑やかに、いざオープン!

「恵比寿文化祭2013」
http://gardenplace.jp/special/1310festival/index.html
日時: 10月12日、13日、14日 11時00分〜20時30分
会場: 恵比寿ガーデンプレイス 東京都渋谷区恵比寿4 ガーデンプレイス
主催: サッポロ不動産開発株式会社
企画協力: NPO法人シブヤ大学、START EBISU、恵比寿新聞、テアトル・エコー、ROBOT
パンフレット/ポスターデザイン・編集:MOVE Art Management (編集・ライティング:川内イオ、川内有緒、松本典子、デザイン:小熊千佳子、室田晋作、イラストレーション:小池アミイゴ、アートマネージメント:新谷佐知子)

  • Posted by: move
2012.09.21

Keisuke Torigoe Solo Live -After dusk, before sunrise-

20120921-torigoefix0908-2-1.jpg


Torigoe Keisuke Solo Live
-After dusk, before sunrise-


渋谷の裏に浮かぶようにその空間はある。
コンクリートの壁に囲まれた無骨なその場所は
ひとたび楽器が鳴れば全てが変わる。
それは、夕暮れの後に訪れるあの闇。
どこか優しくて、どこか居心地がいい。 そう、よく知る場所。

毎日やってくるけれど、一つとして同じではない。
全ての人の夜のために。
After dusk, before sunrise




------------------------------------------
出演: 鳥越啓介 (コントラバス)、スペシャルゲスト 坂田梁山(尺八)
Place: 渋谷 gallery LE DECO (東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル 5F)
Charge: 前売り 2,800円 当日 3,200円


【前売りのお申し込み方法 】メールタイトルを<チケット予約>とし、お名前、電話番号、メールアドレス、moveart1000☆gmail.com (※メールは、☆を@に変えて送信してください)までお送りください。
-----------------------------------------

鳥越啓介 (作曲 編曲家 コントラバス奏者)
20120921-torigoe.jpg


岡山県玉野市生まれ。高校時代に、吹奏楽部でコントラバスに出会う。卒業後は、社会人の傍ら地元のアマチュアバンドなどで活動を続け、97年、活動の拠点を東京に移す。99年、ジャムバンド「PHAT」のメンバーとなり、2001年東芝EMI Blue Noteレーベルより メジャーデビュー。シングル1枚、アルバム2枚を残し、2003年渋谷クラブクアトロでのワンマンライブを最後に解散。その後は、ジャズ・邦楽・ポップス・タンゴ・ブラジル音楽など多岐のジャンルにわたり国内や海外公演も含め、様々なセッション、コンサートツアー、レコーディングに、コントラバス奏者、サウンドプロデューサーとしても参加している。 コントラバスの独奏楽器としての表現の可能性を追い求め、自身のソロライブも展開。2012年1月20日初のコントラバスソロアルバム「The Hope of All」発表。エフェクターも駆使し、多彩な音の世界、豊かな響きを紡ぎだす。最近の主な共演者(順不同)chara、葉加瀬太郎、溝口肇、古澤巌、椎名林檎、菊池成孔、東儀秀樹ほか。
--------------------------------------------------
"THE HOPE OF ALL" Torigoe Keisuke Base Solo Album 東日本震災後、世界の人々の価値観や意識は大きく変わったと思います。 当たり前の日常がいかに大切で幸せな事だったのかと、私自身も気がつきました。 そして世界のみなさんの「思い」や「願い」はきっと同じだと僕はそう考えます。 アルバムタイトルは「the hope of all」すべての希望とさせて頂きました。 全7曲入り 定価2,000円(tax in)
--------------------------------------------------


坂田 梁山 (尺八)
20120921-ryozan.jpg

香川県生まれ。神戸大学在学中より岸原周山・川村泰山に師事。NHK邦楽技能者育成会第30期卒業。第13回都山流本曲コンクール金賞・文部大臣賞受賞他、各種コンクールで受賞。CD録音、テレビ、ラジオに多数出演。鬼太鼓座公演、劇団四季ミュージカルミュージカル出演に加え、南こうせつ、小椋佳との共演等、古典から現代音楽に至るまで幅広く活動を行う。都山流尺八大師範。桐朋学園芸術短期大学日本音楽尺八科非常勤講師。



企画 Moving Project
お問い合わせ MOVE Art Management
Tel 03-5789-8218 Fax 03-5789-8219
moveart1000☆gmail.com ※メールは、☆を@に変えて送信してください。



【MOVING Projectとは?】
MOVINGは、人がココロや体を動かし、五感を磨くことで、“自分”を振り返る場と体験を作りだすプロジェクト。
感覚を研ぎすませれば、やがて聞こえてくる。
自分の中で本当に大切なこと、日常生活の中で忘れていたこと、気づかなかったこと。
そんな「心と感覚のMovement」をテーマに、イベントや展覧会、音楽会、ワークショップを不定期で開催。音楽家、アーティスト、デザイナー、文筆家などがジャンルの垣根を越えて作りあげる特別な時間をお楽しみください。


【Credit】:
Main Photo: Shun Kanbe,
Design: Mioko Takano,
Moving Project: Sachiko Shintani, Ario Kawauchi, Io Kawauchi
Special Thanks: Fumio Shimanaka, Taca (Wind of Legend)


2012.08.17

森の食卓展 〜白い器と木の器〜

20120817-mori_image.jpg

ふところ深い森によって育てられたフカフカの土や、大きな木、そして香り高い果実。
そこから生まれた器、ジャムがやってきて、小さな「森の食卓」になりました。
期間中は、山小屋の中に木の絨毯と森の香りが広がっています。

-----------------------------------------------------
2012年8月22日(水) ― 9月9日(日)※月・火曜日はお休み 
OPEN 13:00〜19:00 (CLOSE Mon&Tue)
----------------------------------------------------

出品作家
白い器:田中啓一、伊藤満
木の器:工房しょうぶ 、沖倉製材所
ジャム:フルタヨウコ

田中啓一: Keiichi Tanaka
20120817-2 (640x445).jpg
2003 武蔵野美術大学 造形学部 工芸工業デザイン学科卒業
2005 武蔵野美術大学 造形学部 工芸工業デザイン学科陶磁研究室 助手
2009 渡仏、パリにて制作活動
2010 帰国、千葉にて築窯個展
グループ展歴多数
受賞歴:朝日現代クラフト展入選 (06、07、08))、テーブルウェアフェスティバル (07)、国際陶磁フェスティバル (08)、クロアチア国際陶磁器店 新人芸術家書受賞(09)



伊藤満: Mitsuru Ito
20120817-ito3 (640x480).jpg
1997年多摩美術大学卒業、横浜市内の陶工房に従事。2004年玉川高島屋にて「三人展」。2004〜05年イタリア中部の町デルータにて作陶。帰国後、都内に工房を構える。古い白壁のような風合いと、シンプルな形の日常のうつわを中心に制作。最近ではカラフルな鉢やマグも仲間入り。そのほか花器やオブジェなども手がける。


工房しょうぶ
20120817-shobu_02 (256x256).jpg
鹿児島市の近郊、吉野大地の豊かな環境に知的障害のある人たちの施設「しょうぶ学園」があります。その中にある工房しょうぶでは、障害を持つ人たちの感性あふれる創作姿勢に魅せられ、工芸・芸術・音楽を中心に創造的な活動を行っています。また、食の工房などの活動を通して地域との繋がりを深めています。工房を利用する人だけでなく、サポートに携わるスタッフも表現者という同じ立場でコラボレーションを重ねながら、障害者施設という小さな単位ではなく社会に枠を広げ「与えられる」側から「創り出す」側に立つことを目指しています。


有限会社 沖倉製材所
20120817-okikuraseizaisho (640x424).jpg
あきる野市伊奈を拠点とし、地元の山の木を製材する工場として昭和25年に創業。地域の材を活かし、地域の人を雇用し、木の家づくりのための構造材や内装材をはじめ、家具や木工製品を製造しています。高性能な乾燥機械を取り入れるとともに、昔ながらの職人の技も大切に継承しています。地元の森の再生をめざし、多摩産のスギ・ヒノキを暮らしに取り入れる「Small Wood Tokyo」シリーズを合同会社++(たすたす)と共同開発中。
http://www.okikura.co.jp  http://www.smallwood.jp/
http://tassetasse.jp/


フルタヨウコ
20120817-furuta yoko jam (478x640).jpg
料理人・編集者
デザイン関係のカメラマンや編集に携わりながら、ケータリングやイベントへの出店、オリジナルジャム製作、レシピ提案、コミュニティカフェの洗足カフェ(目黒区 木曜日)・クラウドカフェ(立川市 月・火曜日)の料理などを担当している。


----------------------------------------------------

gallery and shop 山小屋
住所・東京都渋谷区 恵比寿 1-7-6 陸中ビル 1F (JR恵比寿駅西口2分)
T E L・080-4144-7256

2012.08.10

スターラートシネマ 〜都会のブルーオアシス〜

恵比寿ガーデンプレイスの夏の風物詩と言えば、
野外で映画を無料で観られる「スターライトシネマ」。
イタリアの映画祭みたいで、毎年楽しみなイベントです。
今年のテーマは、"都会のブルーオアシス"。

20120809-starlight4.jpg


MOVEは今年のメインビジュアルをディレクションさせて頂きました。
アートディレクションは、高野美緒子さん、パンフレットデザインは、室田晋作さん。
映画解説は川内イオさん。そして、青のグラデ―ションが美しいイラストは米田絵理さん。「都会の青いオアシス」を見事に描いていただきました。

20120809-starlight 1.jpg


ずっと関わってみたかったイベントなので、とても嬉しいです!
すでに2回も映画を観に行ってしまいまいした。
映画『アース』は、大画面に映し出される様々な地球の姿に
誰もが見入り、エンディングロールでは大きな拍手が起きました。


20120809-starlight 3.jpg

期間中、もし良かったらぜひ皆様もスターライトシネマへ行ってみてください。
お酒を飲みながら、風の吹き抜けるセンター広場で夕涼み。そんな中観る映画は格別です。
スターライトシネマのページはこちら☆ 8月いっぱいの週末に開催されてます。
http://gardenplace.jp/sp/starlightcinema.html


最後に写真をとってくれたのは、 円谷禎人さんです。
ありがとうございました。

« 1 2 3 4 5 6 7 8 9»