NEWS

2012.08.10

スターラートシネマ 〜都会のブルーオアシス〜

恵比寿ガーデンプレイスの夏の風物詩と言えば、
野外で映画を無料で観られる「スターライトシネマ」。
イタリアの映画祭みたいで、毎年楽しみなイベントです。
今年のテーマは、"都会のブルーオアシス"。

20120809-starlight4.jpg


MOVEは今年のメインビジュアルをディレクションさせて頂きました。
アートディレクションは、高野美緒子さん、パンフレットデザインは、室田晋作さん。
映画解説は川内イオさん。そして、青のグラデ―ションが美しいイラストは米田絵理さん。「都会の青いオアシス」を見事に描いていただきました。

20120809-starlight 1.jpg


ずっと関わってみたかったイベントなので、とても嬉しいです!
すでに2回も映画を観に行ってしまいまいした。
映画『アース』は、大画面に映し出される様々な地球の姿に
誰もが見入り、エンディングロールでは大きな拍手が起きました。


20120809-starlight 3.jpg

期間中、もし良かったらぜひ皆様もスターライトシネマへ行ってみてください。
お酒を飲みながら、風の吹き抜けるセンター広場で夕涼み。そんな中観る映画は格別です。
スターライトシネマのページはこちら☆ 8月いっぱいの週末に開催されてます。
http://gardenplace.jp/sp/starlightcinema.html


最後に写真をとってくれたのは、 円谷禎人さんです。
ありがとうございました。

2012.05.24

山小屋プレオープンします

デザイン相談所「Platform」は、2年のお昼寝からようやく目覚めて
「山小屋」というギャラリー&ショップに生まれ変わることになりました。
あの通り、ちいさな、ちいさなお店です。

忙しい恵比寿の交差点に「山小屋」なんて少し不思議ですが、
知らない人同士が偶然に出会ったり
素敵な風景を一緒に見たりできたら、という気持ちで名づけました。
誰もが気軽に立ち寄れて、ちょっと休める峠の茶屋みたいになったら嬉しいです。

20120524-yamagoya open 4 (600x800).jpg
置くものは時期によって色々ですが、雑貨、服・帽子、器、小さなアート作品などなど。
基本的にはクリエイターの方の手作り、または小ロットのものや、作り手のこだわりが
感じられるものだけにしたいと思います。
時々音楽会を開催したり、インスタレーション作品も登場するかもしれません。
これから山小屋をどうぞよろしくお願いします。

20120524-yamagoya open 5 (800x600).jpg


6月末が本格オープンですが、
今週・来週はプレオープンということで松浦哲也さんが帽子の展示をしています。
期間限定の移動帽子屋「AURA」に気軽にお立ち寄りください。
だいたい午後13時〜19時くらいでオープンしています。(月曜日はお休みします)
今週の日曜日(5月27日)はアーティスト・松浦哲也さんが在廊しています。

Adress: 渋谷区恵比寿1-7-6 1F (恵比寿駅西口徒歩1分)

2012.05.07

神田明神

お知らせが遅くなってしまいましたが、
来る5月14日に神田明神で開催される薪能の
フライヤーデザインを毎年コーディネートさせて頂いています。
企画されているのは、Ichikawa Hiroさん。
アートディレクション&デザインは小熊千佳子さん。
今年のデザインは淡い色の組み合わせ。とってもきれいに仕上がりました。

20120507-nou.jpg




「葛城」は"葛城の神"のお話。
葛紋と花鳥風月を、日本の色彩として淡い色合いを"重ね"で表現しました。
真ん中の白いカタチは蔦葛で縛られた葛城の神の涙を表します。(by Chikako Oguma)



ほとんどチケットが完売ということですが、S席だけは少しあるかもしれませんので、
ご興味のある方はぜひお問い合わせしてみてください。
http://www.kandamyoujin.or.jp/event/detail.html?id=26&m=05

2012.04.10

SPRING STORM TOUR 〜吹き抜ける風の煌き〜

遅くなりましたが、3月に企画したTaca Wind of Legend SPING STOR1 TOURライブの様子をお伝えします!今回のツアーのテーマは、吹き抜ける風の煌めき。世界各地から吹いてくるさまざまな風を、音楽で表現するというもの。

会場となったら渋谷のギャラリー、Le Decoの入口。
日曜日の夜8時半開始、しかも雨だというのにライブ会場は満員でした。

20120410-le decor entrance.jpg
20120410-CD panel.jpg


出演するのはアコーディオンのTacaさんとコントラバスの鳥越啓介さん。
新アルバム「Wind of Legend」に収録された曲を中心に演奏します。
最初の曲は、都会の夜にぴったりなジャズの一曲、SPRING STORM。
アルバム一曲目のこの曲を聞くと何かが始まる、という感じがします。

そして名曲「ゴーストタウン」、サンバを彷彿とさせる「秋風にのせて」と続きます。 日本全国をツアーで回ってきた、二人の息はぴったり。

20120410-taca and keisuke torigoe.jpg


途中で今回のサプライズゲストが。それは、ヴォイスアーティストの島村智才さん。
去年の6月にパリの音楽祭で初めて出会った二人。
その時に島村智才さんが「My Soulful Song」を聞いて感激。「ぜひ歌詞をつけたい」 と、歌詞を英語で書き下ろしました。今回はその初披露です。
20120410-chisa shimamura.jpg


もう一人のサプライズゲストとして来てくれたのは、パフォーマーのTomoさん。
去年のTravelogueで披露して会場を沸かせた、あの光のパフォーマンスを再現!
曲は同じく「Tango d'Hiver(冬のタンゴ)」です。

煌めいては消える美しい光の輪で、吹く抜ける風を確かに感じます。


そして、鳥越さんのソロアルバム「Hope of All」からの一曲や
普通に生きる日常の幸せを表現した「幸せな夜」と続きライブはフィナーレへ・・・

最後には、もうひとつのサプライズが。
なんとこの3月4日は鳥越啓介さんのお誕生日。
ということで、ファンの皆さんと会場のスタッフ一緒になってサプライズを企画。
ファンの方が準備したケーキのろうそくを吹き消すと、お客さん全員が隠し持っていたクラッカーを鳴らしてお祝いします!

20120410-keisuke happy birthday.jpg

おめでとうございます、鳥越さん!

暖かい雰囲気に包まれながら、最後のアンコールはみんな総出演!
豪華な顔ぶれに、会場は大いに盛り上がりました。
真ん中に写っているのは、鳥越啓介さん。その左がゲスト出演してくれたパフォーマーのTomoさん。
右側でギターを弾いているのは、同じくゲストでかけつけた小久保徳道さん。
みんな最高の笑顔でとっても楽しそうです。
20120410-encore everyone.jpg


ちなみに下の写真は、今回のジャケットやポスターをデザインした高野美緒子さん。
20120410-mioko takano.jpg
今回のTaca Wind of Legend Spring Stomツアーは先週で無事に幕を下ろしました。
そしてデュオツアーは、なんとヨーロッパへ。
お疲れさまでした。そして、行ってらっしゃい〜!


SPRING STORM TOUR Live @Le Deco
Music By Taca and Keisuke Torigoe
(Guest Chisa Shimamura, Tomo, Norimichi Kokubo)

Design by Mioko Takano
Photo by Yoshito Tsumuraya
Special Thanks to Gallery Le Deco
企画運営 by MOVING Project



旅をしていてふと空を見上げるとき、
誰かの面白い話で元気になる瞬間、
音楽を聴いてココロが満ちてゆくような夜。
そんな時、ふと忘れていた“自分”を取り戻す。
そんな時間を作りたいという想いでMOVING Projectは始まりました。
現在までに、展覧会「夜の庭」(2010年)、音楽会「夜の森」(2011年)、音楽会&ワークショップ「TRAVELOGUE」(2011年)が行われました。

2012.03.13

taca- Wind of Legendのアルバムジャケットができるまで

プロジェクトの始まりは、昨年8月の「TRAVELOGUE(五感に触れる音楽会)」の時。
アコーディオン奏者・ tacaさんから、新しいCDをレコーディングすることを聞きました。
tacaさんにとって三枚目となるCDで、 taca-Wind of Legendというバンドにとっては初めてのアルバムです。

そして「アルバムジャケットのアートディレクションを頼みたい」
とのお話をいただきました。
tacaさんとは、数年前にパリで出会ってからのつきあい。
そして私たちはtaca-Wind of Legendの音楽が大好きなので、「ぜひ!」ということになり、プロジェクトチームが動き出し始めました。

20120313-CD Disucss.jpg


デザインを担当することになったのは、「TRAVELOGUE」や「夜の森」でおなじみの高野美緒子さん。高野さんもパリに住んだ経験があり、きっとパリの空気感を伝えてくれそうという期待感からアートディレクターとして入って頂きました。写真は、パリ在住カメラマンの神部シュンさん。コピーライティングやフライヤーのテキスト作成は、川内有緒&川内イオが担当。全体のディレクションは新谷佐知子が担当することに。

11月の終わりから毎週のようにパリと東京を結んでスカイプ会議が行われました。
大切にしたいイメージは?
何にインスピレーションを得て曲を作っていますか?
このCDの曲を通じて特に伝えたいことは?

会議のバックに流れているのは当然、サンプル版としてでき上がってきたアルバムの曲。
都会の夜風のようなスピーディーでジャズらしい一曲「Spring Storm」で始まり、
二曲目は初夏のブラジルを彷彿とさせる軽快な一曲「秋風にのせて」。「雨上がりの秋の夕暮れに、夕日に向かって自転車を漕いでいる時に突然降ってきたメロディーを元に作曲しました」というtacaさんの言葉通り、まるでモンマルトルの丘を自転車でかけぬけてゆくような曲。
日本を代表するキーボディストであり作曲家の深町純氏の急逝を知り、彼をはじめ天国に行った偉大なミュージシャン達に捧げた曲「My Soulful Song」。3.11の大震災以降は、被災された方々を思って演奏しきたそうです。
ふとした日常に感じる幸せを表現した「幸せな夜」。
そして最後はアイリッシュ風のまるで踊りだしたくなるような一曲、エセ・ケルト(by Keisuke Torigoe)。
聞けば聞くほど、多様なジャンルの曲で構成されています。

どんなコンセプトでまとめたらよいのか、という時に
tacaさんがふと、呟きました。「アコーディオンは風を生み出す楽器。だから、いろいろな場所を吹きぬける”風”を感じてもらいたい」。

そうして試行錯誤を重ねながら生まれてきたのが、パリの都会の空を、楽器から生み出される音の「風」が吹き抜けていくイメージ。この凛として気持ちがいいイメージをチームみんなで共有すると、今度は写真家・シュンさんが急いで写真を撮りおろします。

20120313-printemps.jpg
シュンさんとtacaさんは3日間かけてパリの街中を歩きまわり、さしてまざまなカットを撮影。そして最後にたどりついたのがデパート・プランタンの屋上。そこから撮った一枚がまさにイメージどおりの渾身のショット。年末も押し迫った12月29日にこの写真が届いたときは東京チームは大喜び。
そこにWind of Legendという文字が風に乗って吹き抜けていくグラフィックを載せ、今のアルバムジャケットの原案ができあがりました。

20120313-taca CD jacket.JPG


新年があけると、ジャケットのタイプや素材を決め、ライナーノーツなどのテキストや写真素材をそろえ、徐々に形としてできあがっていきました。そしてイメージはアルバムジャケット、パンフレット、ポスター、名刺などに展開されていきました。


20120313-CD Jacket back.JPG


ジャケットの裏面には、風を生み出す楽器を操るtacaさんの写真。
そのデザインを見ながら、今回のニューアルバムを表すキャッチフレーズとして浮かんできたのは「吹き抜ける風の煌き」。まさに、空をキラリと光る音色が流れていくさまを表現しました。「風」を表すグラフィックには、特色の金を2色使いました。さらに全体にPPをコーティングしてツヤ感を出しました。試行錯誤で検討した結果、かなり贅沢な仕様に(笑)。印刷会社さんの御協力のおかげで、一同納得の仕上がりになりました。

20120313-taiseidou2.JPG
現在、このニューアルバムは日本で先行発売中で、一部のショップや書店などに並んでいます。
フランス発売は初夏になりそうです。


そして、現在taca-Wind of Legendはニューアルバム発売記念ツアーで日本全国を回っています。春の日本を力強い嵐のように縦断するツアーで、またアルバムの一曲目のタイトルからとって「SPRING STORM TOUR」と名づけられました。
そのツアーの一箇所が、今回MOVEが企画したGallery LE DECOでのライブ(渋谷・3月4日)。
おかげさまで満員御礼となりました。その大盛況のライブの様子はまた改めてお伝えします。
まずはニューアルバム発売、おめでとうございました!


ニューアルバムに入っている曲を視聴できます。 全て作曲家でもあるtacaさんがオリジナルで作った曲です。 視聴はこちら▶

tacaさんのホームページはこちら▶

[WIND OF LEGEND]
Produce: taca
Sound Produce: Keisuke Torigoe
Musicians: taca/accordion・Keisuke Torigoe/Contrabass ・Akira Horikoshi/drums・Sei Takahashi/violin・Yshihisa Suzuki/guitar)

Art Direction&Design: Mioko Takano
Photo: Shun Kanbe
Copy Writing: Ario Kawauchi & Io Kawauchi
Design Produce: Sachiko Shintani / MOVE Art Management

« 1 2 3... 9 10 11»